治療方法について

Method of Treatment

トップページ治療方法について

道東接骨院グループの治療方法

道東接骨院グループでは、長年の治療経験から開発された独自の施術システムによる「骨盤矯正」や「インナーマッスル療法」「カイロプラクティック」など、患者様に適切な治療法を選択し施術します。
痛みの原因を根本から探し、今後の見通し・施術方針、日常生活での注意点などをご説明します。

キネシオテーピング療法
キネシオテーピング療法

伸縮性のあるテープを痛いところや凝っているところなどに貼って、人間の自然治癒力を促進させ、障害を和らげたり治したりします。

ドロップ矯正
ドロップ矯正法

道東接骨院グループでは長年の臨床経験から「足の長さ」と「骨盤のゆがみ」に一定の法則があることを見つけ、足の長さを「ドロップセクションテーブル」で揃える独自の治療システムを開発しました。

インナーマッスル療法
インナーマッスル療法

道東接骨院グループのインナーマッスル療法は対象にする筋肉の深さが圧倒的に違います。インナーマッスル(深層部)まで触って治療する治療院は、そう多くありません。

シンクロウェイヴSD療法
シンクロウェイヴSD療法

シンクロウェイヴSD療法では、脊柱の柔軟性が低下すると全身の衝撃吸収力が低下するため、四肢関節のかみ合わせが悪くなり痛みが発生すると言う考え方です。三次元的な脊柱の動きを誘発して、体幹のみならず全身の筋緊張を連鎖的に開放させます。

スーパーダイダル波治療
スーパーダイダル波治療

最新の低周波治療器である「ワイドレンジ治療器 ポラリスカイネ」から生まれるスーパータイダル波によって、身体の表層に働きかける低い周波数の刺激と、深層に届く高い周波数の刺激それぞれの特性が融合し、血流を改善させて痛みの緩和に大きな効果を発揮します。

プロテック療法
プロテック療法

全体重の60%と言われている上半身を治療器によってかかえ上げた状態で固定し、下半身を浮かせる事により、残りの下半身の体重を用いて腰部を除圧させる腰痛の運動療法です。

スーパーライザー療法
スーパーライザー療法

スーパーライザーとは、光の中で身体の深部まで届く赤い光(近赤外線)で、障害のあるところの血行を良くして痛みを和らげます。神経にも直接作用して緊張している神経を平常な状態に戻す事により、多くの病気に治療効果を発揮します。

極超音波治療
極超音波治療

超音波とは細かい周波数で振動する音波の事です。超音波の音と振動エネルギーで、身体の深部にまで到着させて筋肉や関節などのこわばりを和らげ、筋肉を細胞レベルまでほぐすため、再生組織の活性が促され骨折なども治りやすくなります。

トリガーポイント療法
トリガーポイント療法

「トリガーポイント」とは、発痛点とも言い、痛みやコリが最も強い部位のことを言います。トリガーポイント療法はトリガーポイントの活性度を低下させる事を目的とします。

スーパートラック牽引療法
スーパートラック牽引療法

腰椎牽引法は筋スパズムの改善や間欠牽引によるマッサージの他に、椎間開大の手助けをして神経の圧迫を和らげる作用があります。

運動指導
運動指導

不安定な座面や体重を免荷した状態で捻転運動をする事で、リラクゼーション及び四肢の筋緊張の開放が期待できます。

ウォーターマッサージベッド
ウォーターマッサージベッド

ウォーターベットタイプなので、例えば腰が曲がっている患者さんでも安心してお使い頂けます。たっぷり入った水と柔らかいラバーマットが患者さんへの負担を軽減し、リラクゼーション効果を最大限に発揮します。

吸角療法
吸角療法

コリや痛みを和らげるだけでなく「汚れた血液」を吸玉カップで吸い上げ血液の流れを作ります。

道東接骨院グループの施術

道東接骨院グループでは、痛みの部位によって的確な治療を行うために、長年の治療経験から独自の施術システムを使って治療をしております。